Ben Humphreys ベン・ハンフリス

Ben Small

Hello, I'm a game programmer living in Paris, France.

I'm a generalist, with a decent chunk of experience in C#, CG, Ruby, Perl, Lua, and even C++. I can also whip stuff up in Photoshop.

Most recently, I worked on IA/VT, a rhythm game for PlayStation Vita, written in C# with Unity3D. You can read more about it below.

I'm currently available for work in Paris or remotely, so give me a shout.

Blog Twitter Email



Games

Stuff I've worked on both commercially and as hobby projects.

IA/VT is a rhythm game written in C# and Unity3D that I worked on at Opus Studio.

There were only three full-time programmers including myself, so I had some varied responsibilities:

  • I created the music video director system that showed the character, animations and special effects behind the rhythm game. I created a workflow that allowed artists to set up timelines of camera changes, full-screen effects, character animations and special effects.

  • As part of the music video system, I wrote CG shaders to implement the concepts created by artists.
  • The main character had a large number of outfits and animations, I created the system to split them up, load them quickly and asynchronously with the Vita's limited resources.
  • I also created the majority of the main menu system and skinnable in-game UI.

Naovatar is a robot-based interactive story game that I created with Angelica Lim, in a weekend for Global Game Jam '13.

Like a mix between a text-based adventure and an audio book, the robot NAO describes his surroundings in the imagined world using speech, sound and gestures, making players imagine the world.

Players interact with the game using speech and touch to direct NAO through the story and solve puzzles.

Read more about development →

Home Run is a 4-player button-mashing party game that I made with some friends, for the TIGSource Sports competition.

Choose from salarymen, salarywomen, sumo and full English breakfast, then sprint along the platform to catch your train before the doors close!

Written in Lua and Löve in just under a month, it was so much fun to make.

Read more about the development process →

Boco was a Mayan-themed iOS puzzle game I made with a friend. It was the first game I ever published!

I did initial programming and prototyping, but ended up spending most of my time on graphics. Yay for programmer art!



Other stuff

I made KDict, a Korean dictionary anyone can edit. It uses node.js and MongoDB. It's unreleased and unlikely to be so in the future but the source is available on Github.

A tool for learning Korean numbering and counters called Kount.

Back in the day I made a Ruby gem for the World of Warcraft Armory, it even has a silly web-2.0 name, Wowr.


こんにちは、パリに住んでいるゲーム・プログラマーです。

万能プログラマーで、C#、CG、Ruby、Perl、Lua、の体験があります。Photoshopまでも使えます。

パリに引っ越す前、株式会社オーパスIA/VTというリズムゲームでプログラマーとして働いていました。

今就職中です!英語、日本語、フランス語(勉強中)話せる万能プログラマーが必要であれば、連絡してください!

Blog Twitter Email



ゲーム

仕事でも趣味でも作ったゲーム:

株式会社オーパスで働いた間、「IA/VT」のPlayStation Vitaリズムゲームプロジェクトに参加しました。C#とUnity3Dで開発しました。チームが小さかったため、様々なシステムを開発し担当しました:

  • リズムゲームの後ろに表示されるPV演出システム開発しました。アーティストのために、キャラとステージアニメーションフルスクリーンエフェクトそしてパーティクルエフェクト秒数で指定できるシステムを開発しました。
  • アーティストが作ったコンセプトアートを利用して、CGシェーダーでエフェクトを実現しました。
  • キャラの多数アニメーション衣装asyncで早く読み込むシステムを実装しました。
  • メニュープレイ中UIも実装しました。

Naovatar(ナオバター)はロボットで楽しむ対話型ストーリーゲームGlobal Game Jam '13で週末で作りました。

昔のテキストアドベンチャーアウディオブックが混ぜたゲームで、NAOロボットがプレイヤーが見えない世界を言葉ジェスチャーサウンド・エフェクトだけで語る。プレイヤーは想像力を利用する。

音声認識タッチでプレイヤーはNAOを手伝って、パズルを解いて、見えない世界に導く。

開発について (英) →

ホームランは友達と一緒に作った4プレイヤーのパーティーゲームです。TIGSourceスポーツテーマゲーム開発大会のために1ヶ月で作りました。

サラリーマンOLがホームで走って、電車に飛び乗るゲームです。

LuaLöveで書いています。

開発について色々書きました (英) →

Bocoは友達と一緒に作ったマヤンっぽいiOSパルゲームです。私が初めて出版したゲームです。

最初はプロトタイプの作成を担当していましたが、最後はグラフィックを担当していました。Programmer art!



その他

韓国語を勉強するついでに、誰でも編集できる韓国語辞書KDictを作りました。node.jsMongoDBで開発しました、ソースコードはGithubにあります。

韓国語助数詞 トレーニングツールKountも開発しました。

大昔にWorld of WarcraftのためのRuby gemを開発しました。Wowrと言います。

大好きのVimについて入門スライドを書きました。